失敗しない不動産投資

本来、不動産投資は値動きが緩やかで、
また、安定した家賃収入が得られるリスクの小さい投資商品です。

 

しかし、しっかりした知識が無いのに不動産投資に取り組んでしまうと
失敗パターンに陥ってしまう方が少なくありません。

 

 

 

不動産投資の失敗の原因は、
目先の利回りの良さや、価格の安さに目を奪われて
物件の本当の価値を判断出来ていない点にあります。

 

つまり、投資対象として価値が低い物件に
手を出してしまっているということです。

 

さらに、投資を開始してからそれに気づいても、
ローンの返済や修繕費がネックになりリフォームなどの
物件の価値を上げるための施策が取れない、
それがさらなる入居率の低下を引き起こして
収益を低下させる、という不動産投資失敗の
負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

 

不動産投資の成否は物件選びの段階で8割が決まります。

 

物件購入時に正しく価値を見定めて、
良い物件に適切な金額で投資をすることができれば
失敗のリスクは限りなく小さくすることが出来るのです。

 

 

「失敗しない不動産投資」の最新ノウハウが
詰まった情報誌と動画を無料プレゼント中です。

 

 

 


 

こちらもおすすめです!